黒崎煌代の本名wikiや高校は?朝ドラ「ブギウギ」で俳優デビュー!

俳優(男性)

朝ドラ「ブギウギ」でヒロイン・鈴子の弟役を演じて注目された
黒崎煌代 (くろさき こうだい) さん。

煌代さんという名前がオシャレで、本名かどうかも気になります。

今回は、そんな黒崎さんの本名やwiki、高校時代の話題
そして出演作品などをお伝えします。

最後までお読みいただけるとうれしいです。



黒崎煌代 (くろさき こうだい) という名前は本名?

名前の中に「煌く (きらめく) 」というオシャレな文字が入っている黒崎煌代さん。
本名かどうかも気になりますね。

煌代さんの「煌」という字はかっこいいイメージがあり、男の子の名前に使われることが
近年ふえてきた漢字なのだとか。

「煌」は輝くほど火が燃えている様子や光が広がっていく様子を表現しています。
(https://tomonite.com より)

とあるように「煌」は、輝きと同時にスケールの大きさも感じさせる漢字なのですね。

また煌代さんの「代」も

「時代」「世代」のように、脈々と引き継がれる時間の流れを感じさせる漢字。
(https://b-name.jp より)

という、悠久の時を連想させる文字です。

黒崎さんは、この「煌代」さんという名前について次のように語っています、

本名なんです。煌(きら)めく時代を生きる、作るということで付けられて、実は改名しているんです。生まれた2002年には“煌”の字が名前に使えなくて、数年後に使えるようになってから、親が家庭裁判所に行って変えたと聞きました。相当思い入れが強かった名前みたいです。(https://news.yahoo.co.jp より)

「黒崎煌代」さん、本名だったのですね!

そんな「煌代」さんという名前は、ご両親の思いがたくさん込められているとのこと。
「煌」の字が人名に使えるようになって、本当によかったです!

黒崎さんには名前のように、煌きながら人生を歩んでいっていただきたいですね。

続いて、黒崎さんの高校時代の話題をお伝えします。



黒崎煌代の高校時代は?

黒崎煌代の高校は兵庫県立北摂三田高等学校!

黒崎煌代さんは、兵庫県立北摂三田高等学校の出身です。


兵庫県立北摂三田高等学校(画像引用元:https://ja.wikipedia.org)

この北摂三田高等学校は男女共学の公立高校で、三田市だけでなく、
丹波市、西宮市、神戸市などからも通学する生徒がいるとのこと。

黒崎さんが学んだ「人間科学類型」は

将来の社会を担うリーダーとして貢献できる人材の育成を目指し、学問や社会の発展に貢献することができる 高い学力と専門性を育成する
(https://www.hyogo-c.ed.jp より)

という目的で、2012年から設立されたものだそうです。

黒崎さんは高校時代から難しいことを学んでいたようですね。

ちなみに北摂三田高等学校の偏差値は63とされていますので、
黒崎さんはもともと勉強ができるタイプの生徒だったのでしょう。

黒崎煌代は高校時代に映像制作?

黒崎さんは、父親が一時期アメリカで映像関係の仕事をしていたこともあって
子どものころから映画に興味があったそうです。

その後、北摂三田高等学校に在学中に仲間と映像制作にのめり込んだという黒崎さん。

黒崎さんは、高校の文化祭でクラスメートと約20分のサスペンスドラマを制作し
発表会で最優秀賞を受賞したこともあったといいます。

そんなできごともあって、黒崎さんは高校時代に「映画に関わって生きていきたい」と決心し、
映像関係の著作権を学ぶべく、卒業後は大学の法学部に進学することに。

北摂三田高等学校で過ごした日々は、黒崎さんにとって映像への興味を深め
将来への進路を決めるための、いわばターニングポイントになったようです。

続いて、黒崎さんのwikiをご紹介します。



黒崎煌代のwikiは?

黒崎煌代さんのwikiはこちらです。

生年月日   2002年04月19日
出身地    兵庫県
身長     175 cm
趣味     映画鑑賞
特技     ドッジボール、スキー
事務所    レプロエンタテインメント

黒崎さんは、2022年に行われたレプロエンタテインメント30周年企画
「主役オーディション」に応募して、約5000人の応募者の中から選ばれました。

もともと映画の制作者をめざしていた黒崎さんでしたが
「演者の思いも知りたい」とこのオーディション応募したとのこと。

黒崎さんには役者としての経験がありませんでしたので、
隠れていた原石が発掘されたと言えそうです。

きれいな顔でもスタイルがめっちゃ良いわけでもない。自分にしかできないオリジナルをつくり、(俳優の世界の)隙間を見つけていきたい
(https://www.kobe-np.co.jp より)

と謙遜されている黒崎さんですが、所属するレプロエンタテインメントには、
羽田美智子さん、中村蒼さんなど数多くの有名俳優さんがいますので
黒崎さんも今後、諸先輩方に続いて売れっ子俳優になりそう!

黒崎さんは映画鑑賞のほかに「映画を観て脚本を書き起こすこと」が趣味だとか。
将来的には俳優だけでなく、映画の制作者との二刀流もあるかもしれませんね。

そんな黒崎さんは、俳優デビュー作となった朝ドラ「ブギウギ」で
ヒロインの弟という注目される役どころを演じました。

続けてお伝えします。



黒崎煌代は朝ドラ「ブギウギ」に出演!

黒崎煌代さんは、朝ドラ「ブギウギ」で
ヒロイン・鈴子の弟の六郎役を演じて話題になりました。

六郎は鈴子より3歳年下で、マイペースだけどなんだか憎めない性格のもち主で
カメをこよなく愛する心のやさしい青年。

子役の又野暁仁さんが演じた六郎も、黒崎さんが演じた六郎も
なんだかほのぼのした雰囲気をかもし出して、場を和ませてくれていました。

 (画像引用元:https://www.cinematoday.jp)

それだけに、六郎の訃報は鈴子だけでなくお茶の間にも衝撃を与えましたが
今でも六郎は空から鈴子を見守っている、と思いたいですね。

もしかしたら六郎が戦死したという知らせは誤報だった、
なんて展開になって黒崎さんが再度出演されるとうれしいのですけれど!

あの黒崎さんの「ねえやん」と笑う姿をもう一度見たいものです。

「ブギウギ」で六郎の父親役を演じていた柳葉敏郎さんについては、こちらをどうぞ。

柳葉敏郎の若い頃のドラマや中山美穂との共演秘話は?一世風靡セピアだった!
硬派なイメージでドラマなどでみせる表情が渋い柳葉敏郎さん。地元を愛し方言を大切にしていることでも知られています。今回はそんな柳葉さんの若い頃のドラマや、憧れだった中山美穂さんとの共演の裏話、一世風靡セピアの一員だったことなどをお伝えします。

そんな黒崎さんは2023年11月公開の映画「さよなら ほやマン」にも出演しました。
続けてお伝えします。



黒崎煌代は映画「さよなら ほやマン」に出演!

黒崎煌代さんは、2023年11月公開の映画「さよなら ほやマン」に出演しました。

「ほやマン」というちょっと?変わったキャラクターは次のように紹介されています。

劇中にて立ち上がるご当地ヒーローのYouTuber (https://natalie.mu より)

ほやマンはご当地ヒーローなんですね!
かっこいい、というより親しみやすくて楽しそうなヒーローです。

この作品で、黒崎さんは、主人公・阿部アキラ (MOROHAのアフロさん) の
弟・シゲル役を演じました。

アキラ・シゲル兄弟の両親は借金を残して行方不明。
しかも黒崎さん演じるシゲルは生まれたときから障がいがある、という設定。

「さよなら ほやマン」では、この大変な状況から
家族が再生するようすが描かれていて、心温まる作品になったようです。

黒崎さんは、ピュアな雰囲気が決め手となり、この映画への出演が決まったとのこと。
スクリーンの中でも、黒崎さんのピュアな魅力が存分に表現されていたことでしょうね。

 

今回は、黒崎煌代さんについてお伝えしました。

黒崎さんは、2023年後期 朝ドラ「ブギウギ」と映画「さよなら ほやマン」への出演で
一気にプレイクしそうな予感がしますね。

今後も黒崎さんのご活躍に注目しながら、応援させていただきたいと思います。

最後まで読んでくださって、ありがとうございました。



コメント

タイトルとURLをコピーしました