柴田恭兵の病気は肺がん!再発の心配は?現在はあぶない刑事最新作が話題!

俳優(男性)

2024年5月に公開される『あぶない刑事』の最新作に出演することでも話題の
柴田恭兵 (しばた きょうへい) さん。

そんな柴田さんは2006年、55歳のときに初期の肺がんがみつかり手術。
一時は再発も心配されました。

今回はそんな柴田恭兵さんについてご紹介します。
最後までお読みいただけるとうれしいです。



柴田恭兵の病気は肺がんだった!

柴田恭兵さんは、2006年7月、55歳のときに肺がんが見つかりました。
そのときの柴田さんは、NHKドラマ『ハゲタカ』の撮影中。

その後がどうなるかわからなかったため、柴田さんはドラマの降板を申し出たそうですが
NHKは柴田さんの復帰を待つことにしたといいます。

柴田さんにたいする期待が大きかったことがわかるエピソードですね。

柴田さんは体調に異変を感じてすぐに病院を受診。
初期段階のがんだったので、柴田さんはすぐに手術を受けて右肺のがんを摘出しました。

その後の柴田さんは短期のリハビリを受けて、同じ年の12月には仕事復帰をしています。

柴田さんの回復力には驚かされますが
仕事に復帰しようとする強い意志と責任感もあったのでしょうね。

柴田さんは、手術後に再発防止のため抗がん剤治療を2年間続けましたが、
髪の毛が抜ける、体重が減る、など副作用でかなり苦しんだようです。

芸能界でも有名なヘビースモーカーだった柴田さん。
病気をきっかけに禁煙して、現在は健康に対する意識も高くなったそうです。

著者には、柴田さんと同じ肺がんで亡くなった友人がいます。
体に不調を感じていたものの受診が遅れた友人は、すでにステージ4になっていました。

タバコも吸わなかった友人でしたので、末期の肺がんという診断にただただ絶句。
早く病院に行かなかったことを友人は最後まで後悔していました。

そんなことを考えると、柴田さんがいつも体調に気をつけていたこと
そして、すぐに病院に行ったことが本当に大事だったのだとあらためて思えますね。

ところで、柴田さんには肺がんが再発したのではないか、と心配する声もありました。
真相はどうなのでしょうか。続けてお伝えします。



柴田恭兵は肺がんが再発?

柴田恭平さんは肺がんが再発したのではないかと
手術から2年後に噂が流れたことがあります。

肺がんは再発率が50~60%と高いこともあり、柴田さんの病気の再発が疑われたようです。

一般的にがんは治療後5年過ぎて再発しなかった場合は完治しているといわれるため、
柴田さんのがんは完治しており、がんが再発したという情報もありません。

その後、2020年の映画『コンフィデンスマンJP-プリンセス編-』に出演した際に
柴田さんの頬がこけて、激やせしていたため心配する声もありました。

しかし、当時69歳だった柴田さんは年齢的にも食が細くなった可能性もあり
とくに健康状態に問題はないようです。

柴田さんは手術から10年あまり経った2016年に

欲張りなので、こういう経験をプラスにできればいいな、と。
新しく生まれ変わった姿を見せていきたい(http://xn--wvw46r2a.jp より)

と、がんを克服した経験について語っていますので、
現在の柴田さんの姿は「新しく生まれ変わった姿」だと言えそうですね。

そんな柴田さんですが、現在はどのような活動をされているのでしょうか。
続けてお伝えします。



柴田恭兵の現在は?

現在の柴田恭兵さんは、若い頃とくらべると俳優の仕事は抑えめですが
元気にご活躍されています。

柴田さんは、2024年2月NHK BSプレミアム『舟を編む~私、辞書つくります』に
日本語学者・松本朋佑役として出演。

刑事のように動きの激しい役はもちろんですが
柴田さんには「静」の知的な役もお似合いですね。

年齢を重ねたり大病を経験したことで、
柴田さんの演技により深みが増してきたようにも思えます。

ゴルフと野球が趣味という柴田さん。

2022年には、漫才師のおぼんさんが柴田さんと野球を楽しんでいる姿をSNSに投稿し、
翌年には木村拓哉さんと濱田岳さんとゴルフに行かれたという情報もあります。

現在の柴田さんは、プライベートも充実されているようですね。

柴田さんは、映画『あぶない刑事』シリーズの最新作に出演することでも話題です。
続けてお伝えします。

柴田恭兵は『あぶない刑事』最新作に出演!

柴田恭兵は『あぶない刑事』のユージ!

柴田恭兵さんといえば『あぶない刑事』のユージこと大下勇次役でもおなじみです。

ドラマ『あぶない刑事』は1986年10月から放送がはじまり、
半年間の予定だったものが注目を浴び、なんと1年間も放送されることに!

 (画像引用元:https://www.pinterest.jp)

この作品は横浜港警察署の名コンビ刑事?のユージとタカ (演:舘ひろしさん) が
やや (かなり) 暴走しながら事件を解決していくドラマです。

毎回、柴田さんと舘さんが演じるユージとタカの、コミカルで渋~いやりとりと
スピード感あふれるストーリー展開が魅力的でしたね!

『あぶない刑事』はその後もドラマシリーズを重ね、
ドラマが終了しても人気がおさまらず、映画もシリーズで公開されました。

そして、2016年公開映画『さらば あぶない刑事』でシリーズ完結と言われ、
ついに終わってしまう…と思われていましたが、2024年5月に最新作が公開されることに!

この新作映画は、1986年にドラマ『あぶない刑事』がはじまってから38年後、
2016年に映画7作目が公開されてから8年後の8作目の映画です。

『あぶない刑事』のなんともすごすぎる歴史ですね。

柴田恭兵は『あぶない刑事』最新作に出演!

柴田恭兵さんは、2024年5月公開の映画『帰ってきた あぶない刑事』に出演します。

2024年4月現在、柴田恭兵さんは72歳、舘ひろしさんは74歳!
そして、かつて若手刑事を演じていた仲村トオルさんも58歳です。

みなさん年を経て、かっこよさが増したうえに、さらにダンディになられましたね~

最新作『帰ってきた あぶない刑事』は監督も変わり、スタッフも若い方たちで、
映像もかなり今っぽくなっているようです。

以前とはまた違った『あぶない刑事』が見られるのかもしれません。
どんな映画になっているのかとても気になりますね。

やはり見どころはタカとユージのかけ合いとアクションシーンでしょうか。

スクリーン上で舘ひろしさん、柴田恭兵さん、仲村トオルさん、
そして浅野温子さんの姿をまた見られるのはとても嬉しいですね。公開が楽しみです。

舘ひろしさん、仲村トオルさんについては、こちらでご紹介しています。あわせてどうぞ。

舘ひろしの若い頃はクールスや西部警察でかっこいい!あぶない刑事ではダンディ!
俳優・歌手として大活躍されている舘ひろしさん。舘さんは、2024年5月公開の映画『帰ってきた あぶない刑事』に 出演することでも話題です。今回は若い頃からかっこよく、ダンディで素敵な舘さんについて、魅力をまるっとご紹介します。
仲村トオルは若い頃も現在もかっこいい!娘のミオ(美緒)はモデル!共演は?
「ビーバップハイスクール」でデビュー以来、年齢を重ねても渋くかっこいい仲村トオルさん。今回は仲村さんの若い頃や現在の話題、そして大学時代にオーディションを受けて俳優になったエピソードや、モデルとして活躍中の娘のミオさんについてもお伝えします。

続けて柴田さんのwikiをご紹介します。



柴田恭兵のwikiは?

柴田恭兵さんのwikiはこちらです。

生年月日  1951年8月18日
出身地   静岡県
身長    176 cm
血液型   AB型
出身大学  日本大学(経済学部)

柴田さんは、大学卒業後にサラリーマンとして働いていましたが
会社員になって2年目の1975年に会社をやめて、劇団「東京キッドブラザーズ」に入団。

地元の同級生が「東京キッドブラザース」のスタッフだったことが
柴田さんがこの劇団に入るきっかけになったようです。

柴田さんのデビューは1975年のミュージカル『十月は黄昏の国』で
その2年後にはテレビドラマにも初出演。

たくさんの出演作品がある柴田さんですが『あぶない刑事』シリーズで
柴田さんの人気が確立されたと言えそうです。

柴田さんは過去に病気で大変な経験をされましたが、病気を克服した
現在の柴田さんのお姿に勇気づけられる方たちも多いことと思います。

そんな方たちのためにも、そしてファンのためにも
柴田さんにはいつまでもお元気でご活躍いただきたいですね。

最後まで読んでくださってありがとうございました。



コメント

タイトルとURLをコピーしました