町田啓太の妻の両親がすごい?玄理との馴れ初めも運命的だった?

俳優(男性)

「テッパチ!」「チェリまほ」など、話題のドラマでの好演が光った町田啓太さん。
そんな町田さんは2022年12月に俳優の玄理 (ひょんり) さんと結婚したことを報告しています。

今回は町田さんの妻・玄理さんや玄理さんのご両親の話題を交えて
町田さんの現在の魅力をまるっとご紹介したいと思います。

最後までお読みいただけるとうれしいです。



町田啓太の妻は玄理 (ひょんり)!

町田啓太さんが、2022年12月25日に玄理 (ひょんり) さんとの結婚を発表したのは
まだ記憶に新しいところですね。

町田さんと玄理さんは、結婚に際して次のようにコメントしています。

今後は二人で協力し合い、より良い未来を築けるよう、そしてより善い人間、良い俳優になれるよう精進して参ります(https://news.yahoo.co.jp より)

「良い未来」「善い人間」「良い俳優」そして「精進」という言葉づかいに
町田さんと玄理さんの真面目なお人柄がしのばれるような気がします。

町田さんの妻・玄理さんは、東京都出身で1986年12月18日に生まれました。
玄理さんのご両親は韓国人で、玄理さんも韓国国籍です。

 (画像引用元:https://www.vip-times.co.jp)

玄理さんは日本で生まれ育っていますが日本名はないとのこと。
ただ、本名では「玄里」と書くそうです。

「里」と「理」をよくまちがえられるので、まちがわれる「理」の方に合わせて
玄理さんは俳優活動をしているのだとか。思いがけない裏話ですね。

そんな玄理さんは、高校時代にイギリスに短期留学、大学 (青山学院大学) 時代に
韓国延世大学に留学して映像演技を学んでいます。

玄理さんは映画「水の声を聞く」(2014年) 、「スパイの妻」(2020年) をはじめとして
ドラマ「アトムの童」(2022年) など多くの作品に出演。

その中でも「水の声を聞く」で第29回高崎映画祭最優秀新進女優賞など受賞しており、
玄理さんの演技力に対する評価は以前から高かったようです。

 (画像引用元:https://eiga.com)

日本語・英語・韓国語の3か国語が話せて、特技は韓国舞踊・日本舞踊という玄理さん。
多文化のバッググラウンドをもつ上に演技力にも定評があり、
今後も国際的に活動されそうな予感がしますね。

ところで、そんな玄理さんのご両親もすごいとウワサになっています。
どんなご両親なのでしょうか。続けてお伝えします。



町田啓太の妻・玄理の両親がすごい?

町田啓太さんの妻・玄理さんは、ご両親がすごい経歴のもち主だと言われています。

玄理さんが小さい頃に住んでいたのは建築家・安藤忠雄氏が設計した豪邸。
お手伝いさんが3人もいて、ダスキンのスタッフ40人も週2日訪れていたのだとか。

「お手伝いさん」がいる家なんて (それも3人!)、あこがれますよね。
お掃除のプロが40人掛かりとは、どんなお家だったのかも気になります。

豪邸に住むだけでもすごいのに、その邸宅を維持するために人を雇えるのですから
玄理さんのご両親はケタちがいのお金持ちだったことがわかります。

玄理さんは中学校時代にイギリスに短期留学もされていますので
ご両親は玄理さんの教育にも熱心だったのでしょうね。

続いて、玄理さんのご両親についてお伝えします。

町田啓太の妻・玄理の父親はパチンコチェーン店のオーナー!

玄理さんの父はパチンコチェーン店オーナーで
第二次世界大戦の終結後、単身で来日してパチンコ店を開業したといいます。

その後、玄理さんの父はパチンコ店をチェーン化されたそうですので
敏腕経営者だったことがうかがえますね。

残念なことに、玄理さんのお父さんは2023年9月に80代後半で他界されたとのこと。
玄理さんはお父さんが50歳前後に生まれたことになります。

年齢がいってから生まれた子供ということもあって
玄理さんはお父さんにとても可愛がられたにちがいありません。

お父さんのことが「大好き」だったという玄理さん。

玄理さんの悲しみが癒えるまでにはまだ時間がかかりそうですが
それでも、町田さんと結婚してお幸せな姿をお父さんに見せることができたのは
大きな親孝行のひとつだったといえるのではないでしょうか。

町田啓太の妻・玄理の母は建設会社社長!

町田啓太さんの妻・玄理さんの母親は建設会社の社長とのこと。

玄理さんの母親は韓国で仕事をする際、家を探すのが面倒だと、
韓国の最高級ホテルの最上階を3年間貸し切りにしていたという話があります。

そして、その貸し切りをしている間に、アメリカの当時の大統領の
クリントン氏が宿泊するために部屋を空けたという逸話も!

なんともスケールの大きい話ですが、それもそのはず。
玄理さんの母方の祖父は、総合病院の院長だったそうです。

玄理さんのお母さんはお父さんより20歳ぐらい年下だそうなので
今60代後半といったところでしょうか。

大学生の頃、美術の勉強をするために来日したという玄理さんのお母さん。

当時の日本が、玄理さんのお母さんの目にどのように映ったのかわかりませんが
玄理さんのお父さんだけでなく、お母さんも自国の外に世界を広げていったことになります。

日本で日本人として暮らす私たちにはわからないご苦労も多かったのでしょうが、
ご両親は韓国籍の玄理さんに、日本でも「堂々と生きなさい」と言われていたそうです。

韓国を離れ、日本での生活を経験された玄理さんのご両親だからこその言葉。
ご両親の思いが、現在の玄理さんのご活躍につながっていると考えられそうです。

続けて、玄理さんと町田さんとの出会いについてお伝えします。



町田啓太と妻・玄理と結婚にいたるまでの馴れ初めは?

町田啓太さんと玄理さんの馴れ初めと言われるのが
おふたり共演した2017年公開の映画「終着の場所」。

 (画像引用元:https://www.amazon.co.jp)

この作品はLDHのEXILEグループの楽曲の中から短編映画として実写化されたもので、
元となった曲は3代目J Soul Brothersの「花火」。

想い合っているのに擦れ違う男女を町田さんと玄理さんが演じています。

「近づくほど、せつなくなる」のキャッチコピーのように
町田さんと玄理さんの間の心の距離もゆれ動いて、お互いを意識していたのでしょうか。

翌2018年には、町田さんと玄理さんがドラマ「女子的生活」で共演して、
町田さんは主人公の幼馴染みを、玄理さんは主人公の会社の同僚を演じました。

そして、この作品の撮影終了後、町田さんと玄理さんの交際へと発展。

2022年9月に週刊誌に町田さんと玄理さんの熱愛報道が出た際、
「最初はどちらかというと町田さんが年上彼女に積極的にアピールしたそうですよ」
と、証言していた映画関係者がいたといいます。

周囲からもそのように見えたということは、
玄理さんがよほど町田さんの好みのタイプにピッタリだったのでしょう。

ちなみに町田さんの好きなタイプの女性は
交際期間中とされる2019年のインタビューではこのように語られています。

・仕事や趣味など頑張っている女性
・自分のやりたいことにひたむきな女性
・自分のよりも周囲を優先して、自然と手を差し伸べられる人

で、玄理さんの次のような姿勢と重なることに!

・様々な映画賞を受賞するほど、役者という仕事を頑張っている
・母の反対にもかかわらず「人生一度きり」と芸能界に飛び込み頑張っている
・まわりに困っている人がいたら、ひとこと声をかけたいと思っている

やっぱり、玄理さんは町田さんにとってストライクゾーンど真ん中の
理想の伴侶だと言えそうです。

映画「終着の場所」での共演から5年の交際後、結婚された町田さんと玄理さん。

結婚から約1年が経ちますが、結婚後のコメント通り「良い未来」「善い人間」「良い俳優」、
そしてきっと「よい夫婦」としてともに歩んでいらっしゃることでしょう。

これからも町田さんと玄理さんの末永いお幸せを願いたいですね!

続いて、町田さんのwikiをご紹介します。



町田啓太のwikiは?

町田啓太さんのwikiはこちらです。

生年月日   1990年7月4日
出身地    群馬県
身長     183 cm
血液型    O型
特技     剣道二段
所属劇団   劇団EXILE
事務所    LDH JAPAN

町田さんは、日本航空第二高等学校 (現・日本航空高校石川) 時代にダンスをはじめ、
キャプテンとしてダンス部を率いるほどの実力派でした。

その後、町田さんは日本体育大学に進学し、ダンスサークル「Cypher Heads Fam」に所属。

町田さんはそこでの活動がきっかけEXPG東京校に特待生として通って、
ダンスや演技のレッスンを受け、オーディションを経て劇団EXILEに。

現在、劇団EXILEに所属して、幅広く活動している町田さんですが
高校時代に始めたダンスが町田さんの原点になっているといえそうです。

剣道や野球など、ダンス以外にもスポーツ万能の町田さん。
これからもいろんな分野でご活躍が注目されそうです。

そんな町田さんは大河ドラマ「光る君へ」に出演することでも話題になっています。
続けてお伝えします。



町田啓太は大河ドラマ「光る君へ」に出演!

町田啓太さんは2024年大河ドラマ「光る君へ」に出演します。

「光る君へ」は町田さんにとって「西郷どん」(2018年)、「青天を衝け」(2021年)に続く
3作目の大河ドラマ出演。

この「光る君へ」で町田さんが演じるのは、時の関白の息子で
一条朝の四納言の1人・藤原公任 (ふじわらのきんとう) 役です。

藤原公任は、祖父と父が天皇の側近だった上に、母も天皇家の血を引く名家の生まれ。
のちに大納言にまでなった公任は、漢詩や和歌だけでなく音楽の才能もあったといいます。

公任が詠んだ次の和歌は小倉百人一首にも選ばれていますので
耳にしたことがある方も多いかもしれませんね。

「滝の音は 絶えて久しく なりぬれど 名こそ流れて なほ聞こえけれ」

滝の流れ落ちる音が聞こえなくなってずいぶん経つけれど、滝の評判だけは流れて伝わり、今もなお人々に聞こえているんだなぁ(訳:https://www2.nhk.or.jp より)

時を越えて、今の私たちが公任の和歌を知っているのも不思議な感覚ですね。

藤原道長と同い年でライバルだったという公任は、
主人公まひろが紫式部と呼ばれることになったきっかけをつくったかもしれない人物、
とも言われています。

町田さん演じる公任と、藤原道長や まひろとの関係がどのように描かれるのかも
楽しみにしたいところですね。

「光る君へ」に出演する注目俳優さんについては、こちらでご紹介しています。
あわせてどうぞ。

「光る君へ」(2024年大河ドラマ) キャスト相関図や気になる出演俳優は?
2024年 大河ドラマ「光る君へ」の舞台は平安時代中期。大河ドラマとして平安時代が描かれるのは「風と雲と虹と」から48年ぶりで「光る君へ」は史上2番目に古い時代背景となる作品です。今回は「光る君へ」のキャストや相関図などをお伝えします。

 

今回は町田啓太さんについて、妻の玄理さんの話題を交えてお伝えしました。

これからの町田さん、玄理さんの個々のご活躍も楽しみですが
映画やドラマなどでのおふたりの共演も拝見したい気もしますね。

最後まで読んでくださって、ありがとうございました。



コメント

タイトルとURLをコピーしました